潰瘍性大腸炎 なりやすい性格

リトル田中
こんばんは!今日は潰瘍性大腸炎になりやすい性格が有るのか?個人的な見解を書きたいと思います!

 

一般的になりやすいと言われる性格

 

潰瘍性大腸炎やクローン病は心理的因子が

関わる疾患だと言われてます。

 

潰瘍性大腸炎になりやすいい性格が

有るのか? 無いのか?

 

一般的になりやすいと言われる性格は

下記リンク先の論文に書いてあるように有ります。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpm/50/10/50_KJ00006628120/_pdf

 

まとめると『几帳面』『完璧主義』で『責任感が強い』、

依って『頑固』『短気』等、強迫的性格傾向であると。。

 

でもどうなんでしょうか?

 

多かれ少なかれ日本人全般がこの様な性格特性を

持ち合わせている気がします。

 

また上記特性の逆『ずぼら』『適当』『責任感が弱い』

『柔軟』『気長』ではなかなか現代の社会生活、

適応しずらいのではないかと思います。

 

『性格』と『病気』を結びつけることについて

 

そもそも性格は『言葉』で括れるものかというと

そんなことはありません。

性格なんて『程度の強弱』や『人ぞれぞれの表出傾向』が有り、

一つの言葉で表現するのは難しいものだと思います。

 

そして『病気』。

これも人間が医学の元でその症状や身体の状態を見て

名前を付けたもので、その『病気』そのものは

厳密に見れば個々違うものだと思います。

 

このお互いに曖昧なものを結びつけることは

困難だと思います。

 

私の考え

 

性格と病気の結びつきの定義は難しいものの

ストレスが健康に影響を与えるのは間違い

ないところだと思います。

 

下記のリンク記事で私的に

腑に落ちる部分が有りました。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75288?page=5

 

『アレキシサイミア(失感情症)』というものです。

 

この言葉の意味は『自分の感情をうまく言葉で表現できない』。

だから自分の感情を人に伝えることが出来ず、

自分の抱えているストレスにも気づかないと。。

 

私自身今までの人生を振り返ってもプライドが高く、

弱みを見せられないため非常に相談下手でした。

なにか嫌な出来事が有っても自身で抱え込み、

ストレスを溜めることが多かったです。

 

簡単に言えば『自己開示』をして行くことが

ストレスを溜めず、心身の健康を保つために

非常に重要なことであるということ。

 

私も『がん』『大腸全摘出』という大病を

経験しましたが今後のより良い人生のために

『自己開示』を心掛けたいと思います。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村


潰瘍性大腸炎ランキング


大腸がんランキング

最新情報をチェックしよう!